No.10 動画配信を活用した保育の補完~コロナ禍における家庭保育への支援~

No.10 動画配信を活用した保育の補完~コロナ禍における家庭保育への支援~

辻村泰聡(極楽坊保育園)

アブストラクト

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が日本国内に感染拡大し、非常事態宣言が発令された2020年4月から5月にかけて、奈良市内の保育園では「特別保育」と称し、エッセンシャルワーカー等の子どもを除き原則家庭保育の要請が出された。この特別保育期間中、本園では登園する子どもがおよそ3分の1に減少したため、家庭保育中の子どもに対する支援の一つとして、毎日5分程度の保育に関する動画をYouTubeに配信した。この期間中の動画の配信本数は24本、視聴回数は延べ7028回にのぼった。本研究ではこれらの動画視聴の傾向を分析した。再生回数は同一の動画について継時的に逓減し、指数関数的な近似がみられた。また、公開日が遅くなることによっても、再生回数は指数関数的に逓減した。また、低年齢児向けの動画の方が、何度も視聴する傾向にあることが推測された。

第24回宝山寺福祉事業団研究発表会

特設サイトへもどる

9 Replies to “No.10 動画配信を活用した保育の補完~コロナ禍における家庭保育への支援~”

  1. 自園でも動画配信を行いましたが、保護者の方から嬉しい言葉をたくさんいただきました。
    お休みされている間もこのように保護者の方を支えることができたら、と思います。

    1. 配信する前は、否定的な意見がでてきたらどうしよう・・・と慎重なところもありましたが、やってみれば喜んでもらった声をたくさん聞けて結果としてはよかったと思っています。お休みの子どもたちだけでなく、園に通っていない子どもたちにも、子育て支援という形で生かせるかもしれないと感じています。

  2. 配信後すぐ視聴される方が多かったのは、それだけ楽しみにしておられた証ですね。YouTubeを使って自粛中も園の雰囲気を味わえる良い家庭支援だと思います。時代に合わせツールを使いこなす工夫ですね。

    1. 園の一斉配信メールと組み合わせて、手元のスマホにアドレスが届くようになっていたのも、すぐに見てもらえた要因かと思っています。ツールの特性をよく見ながら、良い形で活用していきたいです。

  3. 動画配信はこのコロナ禍だからこそ急激に広まりましたが、うまく利用すれば今後も家庭支援に役立つツールとして必要とされていくように思います。一週間のうち木曜に視聴が多いのは、親御さんが少し家事にも余裕が出る曜日なのかなと思ったり、いろいろな家庭内の動きが見えそうです。

    1. お仕事のない週末こそゆっくり動画を見て視聴数が上がるかなと予想していたのですが、少し意外な結果でした。

  4. これは、園児さんも保護者さんも喜ぶわ。毎日配信していたことに驚きます。楽しい画面の裏にはたゆまぬ努力有り、ですね。

    1. ありがとうございます。毎日配信するだけの内容ができるか心配していましたが、保育士の先生達が次々と動画を作ってくれたのでさすがだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください