第24回宝山寺福祉事業団研究発表会特設ページ

第24回宝山寺福祉事業団研究発表会特設ページ

テーマ「共に生きる力を育み充実させていくために」

今回の研究発表会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を鑑み、会場での発表からオンラインでの配信に変更いたします。また、第2部として予定しておりました「あひる隊(なら社会復帰支援隊)」による講演は中止とさせていただきます。

日時:令和3年1月24日(日)午前9時 オンライン配信開始!

この特設サイトにて、各発表の動画やポスターをご覧いただけます。

開会式

https://youtu.be/d7clhwYnN6E


第1部 職員による発表


発表1 「双方向コミュニケーションの補充~ベビーサインを実践して~」

発表者 いこま乳児院


発表2 「園庭遊び、子どもたちの育ち」

発表者 いこま乳児保育園


発表3 「この町で暮らしたい、もう一度つながりを持つための支援~触法障害者における社会復帰の取り組み~」

発表者 奈良県発達障害者支援センター でぃあー


講評・質疑応答

元帝塚山大学教授 才村眞理先生


第2部 「クイズに挑戦!社会のルールを考えよう」 ⇒中止

あひる隊(なら社会復帰支援隊)


ポスターセッション

それぞれのリンクをクリックすると、ポスターがご覧いただけます。

発表No.発表施設タイトル
1あすなろ子どもが集中して話が聞ける工夫
2仔鹿園子どもに寄り添いながら
~多様なアプローチの試み~
3いこま乳児院こぼさずに上手に食べられるかな?
4延寿・特養固定概念を覆す排泄ケア
5延寿・ショート「あなたの居場所になりたい」
~不安・混乱を和らげるために、私たちに出来ること~
6あくなみいつもの食事を楽しい雰囲気に
7あすかの保育園楽しく食べよう
~自分だけの椅子~
8はあとぽーと梅寿荘~食べたくなる食事の工夫~
高齢者の食欲について
9極楽坊保育園園内保育での保育環境の工夫
~好きなあそびに没頭できる環境とは~
10極楽坊保育園動画配信を活用した保育の補完
~コロナ禍における家庭保育への支援~
11デイセンター合同2025年問題に立ち向かえ!
~コロナ禍における新たな研修スタイルへの歩み~
12生駒市梅寿荘地域包括支援センター「ボランティア」って何?
ボランティア活動参加について考える
13梅寿荘居宅介護支援センターコロナ禍の今、高齢者の在宅支援を行うためにケアマネが出来る事
14梅寿荘姿勢ケアを標準的なケアに!~職員全員が意識し、実践できるようにするには?~
15愛染寮児童養護施設における高校卒業後の進路支援の広がり ~子どもの最善の利益のために~

各ページには、それぞれコメント欄を下部に設けています。発表に対する感想や質問など、ぜひコメント欄に残していただけると励みになります。

10 Replies to “第24回宝山寺福祉事業団研究発表会特設ページ”

  1. 法人研究会発表会の冊子を拝読させて頂いて、人と人の繋がりの大切さを感じ、この冊子を元に勉強させて頂き、明日から頑張って行こうと思いました。

  2. 新しい試みの中、自分自身評価できたことーいつも人の流れと時間の制約もあり流し読みがちだったポスター発表を、一つ一つていねいに、勉強のつもりでじっくり味わうことができました!発表の方、スタッフの皆さん、そして講評してくださった才村先生、本当にありがとうございました。

  3. ご拝聴させていただきました。ありがとうございました
    今回は、児童部門中心でしたが、ベビーサイン・園庭遊び・触法障害者の社会復帰と、どの研究内容においても興味深く見させていただきました。子供や大人、高齢者の垣根を越えて共通の理解ができることがたくさんあると感じることが出来ました。専門的なことはわかりませんが、触法障害の事例では、世の中が、もっと早い段階で、障害のある人に温かい目を向けて、興味を持つことが出来れば、この人は触法者ではなく、電気機器や配線のエキスパートになっていたのではないかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください