防災対策

地震・火災・大規模な風水害等の災害発生時に法人本部の指揮のもと各施設が連携し、利用者・職員の安全を守り、各施設の運営管理に支障のないように迅速、適切に対応できるよう、防災マニュアルを作り、対策訓練を実施しています。

災害時における組織体制

災害対策本部

大規模災害により施設での運営に支障をきたしている場合に、関係機関や地域との連携を含めて法人全体で速やかに対応することが必要であるため、理事長の判断により法人本部に災害対策本部を設置します。

業務内容

  • 被災状況の情報収集、記録、集約、報告、報道対応
  • 利用者の安否確認の集約
  • 職員の安否及び被災状況の確認
  • ライフラインの状況、交通機関の運行状況等の確認
  • 被災施設等への緊急応援の指示
  • 関係機関との連携、情報交換、支援要請
  • 応援者、ボランティア等の受け入れ及び宿泊所の確保
  • 必要備品・用具等の収集、購入及び搬送
  • 施設の応急復旧、負傷者の搬送等
  • 保育・介護・療育等の継続的な支援業務
  • 地域社会との連携